マスターズ水泳とは、健康・友情・相互理解・競技をモットーに水泳を楽しむもので、国際的には25歳以上と規定されていますが、日本では18歳以上としています。
年齢に応じて区分され、日本は18歳から24歳区分、25歳から29歳区分以後は5歳ごとに区分されています。

マスターズ水泳の出場資格としては、高校生を除く18歳以上で、日本水泳連盟学生委員会に競技者登録を行っていないことが条件です。
個人で登録することも可能ですが、チームに所属していなければならず、チームの責任者を通じ登録を行います。

また、新チームを結成する場合は、チームを結成し、チーム登録・個人登録を同時に済ませます。
マスターズ水泳の種目は、個人種目は自由形・平泳ぎ・背泳ぎ・バラフライ、個人メドレーが、団体種目はフリーリレー・メドレーリレーがあります。因みに個人メドレーとは、一人の選手がバタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、自由形の順で同じ距離ずつ泳ぐ競技です。

コメントは利用できません。